ようこそ!読むコレへ

アカウントをお持ちの方はログインしてください

  • デジタル・ドクショBookLiveトータル電子書籍ストア
  • CLUB SANSEIDO
  • Twitter

キーワードを2文字以上入力してください


読むコレ利用規約


第1条(定義)

  1. 読むコレ利用規約(以下「本規約」といいます)において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。
    1. 「本サービス」とは、BookLiveが運営し、利用者に提供する「読むコレ」と称するウェブサイト(http://yomukore.jp)上で提供される全てのサービスをいいます。
    2. 「BookLive」とは、株式会社BookLiveのことをいいます。
    3. 「利用者」とは、本サービスを利用するためのアカウントをBookLive又はBookLiveが指定する第三者から取得し、本サービスの利用を申し込んだ者をいいます。
    4. 「アカウント」とは、BookLive又はBookLiveが指定する第三者が提供するサービスを利用するために必要となるもので、当該サービスの利用登録等をすることで発行される、当該サービスの利用者を特定することができるものをいいます。

第2条(本規約の適用及び変更等)

  1. 利用者は、本規約に従って本サービスを利用するものとします。利用者が本サービスの利用を申し込むことによって、本規約の内容を承諾したものとみなします。
  2. BookLiveは、利用者からの事前の了承なく、本規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの利用条件は、変更後の利用規約によります。ただし、BookLiveは可能な限り、本規約の変更について事前に利用者に電子オンライン上で表示するよう努めるものとします。
  3. 変更後の利用規約については、BookLiveが別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より、効力を生じるものとし、変更後に利用者が本サービスを利用した場合には、利用者はその時点において本規約の変更に同意したものとみなします。
  4. BookLiveは、本規約の変更に同意できない利用者に対し、本サービスの利用を停止させることができるものとします。

第3条(通知及び連絡等)

  1. BookLiveが通知、連絡等を行う必要があると判断した場合、本サービスのウェブページへの掲載など、BookLiveが適当と判断する方法により行うものとします。
  2. BookLiveが通知、連絡等を本サービスのウェブページ上で行う場合は、当該通知、連絡等をウェブページに掲載した日をもって、利用者に当該通知、連絡等が到達したものとみなします。
  3. 利用者がBookLiveに連絡をする場合、BookLiveが他の方法を指定する場合を除き、お問い合わせフォームにて連絡を行うものとします。

第4条(オプションサービス)

  1. BookLive又はBookLiveと提携する事業者が、本サービス以外にオプションサービスを利用者に提供することがありますが、当該オプションサービスの利用に関する詳細及び規約は別途定められた規定に従うものとします。
  2. オプションサービスに関する事項で、オプションサービスの規約に定めのない事項については、本規約の規定を準用するものとします。

第5条(利用条件等)

  1. 本サービスを利用するには、BookLive又はBookLiveが指定する第三者の定める手続きに基づき、アカウントを取得しておく必要があります。本サービスの利用を希望する者は、当該アカウントを用いて、本サービスの利用を申し込むものとします。
  2. 前項の申込をした者が次の各号のいずれかに該当する場合、BookLiveは、本サービスの利用をお断りすること、及び本規約第12条に基づく対処を行うことができるものとします。BookLiveは、本サービスの利用をお断りした理由について開示しないものとします。
    1. アカウントの登録内容に虚偽があることが判明した場合
    2. 人のアカウントを利用した場合
    3. その他BookLiveが不適切だと判断した場合

第6条(登録情報の変更)

  1. 利用者はアカウントに登録した情報に変更があった場合、速やかにBookLive又はBookLiveが指定する第三者が定める手続きに基づき登録情報の変更を行うものとします。この登録情報の変更は利用者自身で行うものとし、本サービスのお問い合わせフォームを通じての内容変更依頼は無効とします。
  2. 前項の変更手続きがなされなかったことにより生じた損害について、BookLive又はBookLiveが指定するアカウントを発行する第三者は一切責任を負わないものとします。

第7条(本サービスの内容の変更、一時中断、及び廃止)

  1. BookLiveは、利用者に事前に通知することなく本サービスの内容の変更を行うことができるものとします。
  2. BookLiveは、本サービスの安定した運営を目指すものとしますが、次の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断することができるものとします。
    1. サーバ、通信回線若しくはその他の設備の故障、障害の発生又はその他の事由により本サービスの提供ができなくなった場合
    2. システム(サーバ、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
    3. 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
    4. 地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    5. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病の蔓延等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
    6. 法令による規制、司法命令等が適用された場合
    7. その他、運用上、技術上BookLiveが本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
  3. BookLiveは、いつでも任意の理由により、利用者に事前に通知することなく本サービスの全部又は一部を廃止することができるものとします。
  4. BookLiveは、本サービスの内容の変更、一時中断、及び廃止により利用者または第三者に生じた損害について、一切その責任を負わないものとします。

第8条(利用者の義務)

  1. 利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、通信回線などのすべてを自己の負担において、準備するものとします。また、自己の費用で電気通信サービスを利用して本サービスの存在するサーバへ接続するものとします。そのために必要な手続きは利用者が自己の責任と費用をもって行なうものとします。
  2. 本サービスを利用するためのアカウントとパスワードは利用者が責任をもって管理するものとします。アカウントとパスワードを利用して行われた行為の責任は当該アカウントを保有している利用者の責任とみなします。アカウントとパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。
  3. 利用者は、第三者が著作権、商標権、意匠権等の知的財産権を有する著作物、標章、サービスマーク、デザイン、表示等をBookLiveが提供する本サービス上に登録、掲載する場合は、利用者が当該知的財産権保持者より許諾を得る必要があり、BookLiveはこれについて一切関与しないものとします。

第9条(著作権及び商標等の私的利用限定)

  1. 本サービスに含まれるデータ、情報、文章、発言等一切の著作物に関する著作権はBookLive又は権利を有する第三者に帰属するものです。利用者は、これらを著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製のために利用することはできません。
  2. 本サービスに含まれる一切の商標、サービスマーク、ロゴ等はBookLive又は第三者の登録商標又は商標です。利用者はこれらを利用者自らの本サービスの利用以外の目的で無断に利用することはできません。
  3. 利用者は、前2項に違反する行為を第三者にさせることはできません。

第10条(レビュー機能)

  1. BookLiveは、利用者が特定の書籍等をレビューする機能及び他の利用者の投稿に対して評価等をする機能(以下「レビュー機能等」といいます)を提供します。なお、BookLiveはレビュー機能等を予告なく変更でき、その全部又は一部の利用を停止若しくは、廃止することが出来ます。また、レビュー内容や評価等の保存を保証するものではありません。
  2. レビュー機能等は、利用者が自己の責任で利用するものとし、利用者のレビュー内容に関する責任は、利用者自身が負うものとします。また、BookLiveは、レビュー内容に関して、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もしないものとします。BookLiveは、利用者のレビュー機能等の利用及びその結果により、利用者または第三者が損害、被害を被った場合といえども、何らの責任を負わないものとします。なお、レビュー内容によりリンク設定された外部ウェブサイトによって生じた損害(コンピューターウィルス感染被害などによる損害も含みます)や、利用者同士または利用者と第三者のトラブル等に対し、BookLiveは一切の補償及び関与をいたしません。
  3. 利用者は、次の各号に該当する又は該当するおそれがあると思われるレビューを行わないものとします。もし、次の各号に該当する又は該当するおそれがあると思われるレビューがされた場合、BookLiveは、利用者に対して予告無く、レビューの削除、又は本サービス利用の停止ないし制限等の措置をとる場合があります。なお、当該措置の対象に該当するか否かは、全てBookliveが判断するものとし、措置理由の開示は行わないものとします。また、次の各号に直ちに該当する又は直ちに該当するおそれがあると思われない場合でも、本サービスの適切な管理運営ため、やむを得ずレビューの削除等をする場合があります。
    1. レビュー機能等の趣旨から逸脱したレビュー
    2. コンピュータウィルスなど、有害なプログラム・スクリプトの類を含むレビュー
    3. 他者の著作権、著作者人格権、商標権等の知的財産権を侵害するレビュー
    4. 他者のプライバシー権を侵害するレビュー
    5. 他者を誹謗中傷するレビュー
    6. 根拠なく特定の事業者の評判を毀損するなど、信用不安を引き起こすレビュー
    7. 犯罪予告、犯罪の指南など犯罪に結びつく、又はこれを助長するレビュー
    8. 法令や公序良俗に反するレビュー
    9. 性的嫌悪感を催すレビュー
    10. 重大な危険行為に結びつく、又は助長するレビュー
    11. 個人的な売買・譲渡を持ちかけるレビュー
    12. 他者のサイト、書籍、雑誌、広告等の媒体から許可無く転用したレビュー
    13. 第三者より金品などの対価を受けることを目的とされたレビュー
    14. 本サービスを妨げる目的とされたレビュー
    15. わいせつ物及び児童ポルノに該当するレビュー
    16. 売春・買春を助長するレビュー
    17. 覚せい剤、麻薬等薬物の使用を助長するレビュー
    18. 他人の名義を騙るレビュー
    19. 未成年に対し、飲酒、喫煙、ギャンブル等を奨励するレビュー
    20. 不健全な出会いを目的とする書き込みレビュー
    21. 個人情報や連絡先を含むレビュー
    22. その他、BookLiveが不適当と判断したレビュー
  4. BookLiveは、レビューにつき、レビューした本人からの依頼であっても、本規約に反する場合やその他特別の事情がある場合を除き、依頼に基づく削除は行う義務は負いません。
  5. 利用者が本サービスにおいてレビューした時点で、当該レビューの国内外における複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権・翻案権等の全ての著作権その他の著作権法上の権利(BookLiveから第三者に対する再利用許諾権を含みます)を、利用者はBookLiveに対して無償で利用することを許諾したものとします。
  6. 利用者は次の各号に掲げる事項について同意し、かつ、遵守するものとします。
    1. レビューについて、レビューした利用者は、複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権・翻案権等の全ての著作権その他の著作権法上の権利を有していることを保証するものとします。また、第三者の著作物等を利用してレビューする場合には、利用者の責任と負担において前項の許諾に必要な権利処理(利用者からBookLiveに対する利用許諾、BookLiveから第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含みます)がなされていることを保証するものとします。
    2. BookLive又はBookLiveから再利用許諾を受けた第三者が、利用者のレビューを、BookLiveのウェブサイト内や当該第三者が運営するウェブサイトへのコンテンツ提供その他の様々な方法で利用することを許諾します。その際、文章の要約、抜粋、若しくは投稿された画像のサイズの変更、切り抜き等による改変、又は著作者の表示の省略をする場合があることを同意します。また、利用者は、本項に具体的に記載された場合に限らず、BookLive又はBookLiveから再利用許諾を受けた第三者が書き込み内容を利用する場合には、著作権法上の著作者人格権(公表権・氏名表示権・同一性保持権)を行使しないものとします。
    3. BookLive又はBookLiveから再利用許諾を受けた第三者が、利用者のレビューを利用する場合には、地域制限その他の付随条件はないものとします。また、利用者の利用許諾期間は書き込み内容の著作権が存続する限りとし、ロイヤリティ等の対価は一切発生しないものとします。
  7. BookLiveは、各利用者に個別の承諾を得ることなく書き込み内容を、個人が識別、特定できないよう加工した上で、商品およびサービス開発の参考資料やマーケティングデータ等として活用し、又は第三者に提供することができるものとします。

第11条(禁止事項)

  1. 利用者は本サービスを利用するにあたり、次の各号に該当する行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
    1. 法令に違反する行為、犯罪行為、及びそれらを教唆・幇助する行為
    2. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘・運営する行為
    3. アカウント、パスワード等を第三者に譲渡・貸与し、又はBookLiveの許可なく本サービスを第三者に利用させる行為
    4. チェーンメールの送信、又は無差別若しくは大量に不特定多数の者に対して電子メールを送信する行為
    5. サーバ又はネットワークへ著しく負荷をかける行為
    6. サーバその他BookLiveのコンピュータに他人になりすましてアクセスする行為、その他不正にアクセスする行為
    7. 本サービスのプログラムのバグ等の不具合の利用又は悪用をする行為
    8. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為の他、BookLive及び第三者のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
    9. 本サービス上に掲載された情報、又はBookLiveのサーバ若しくはコンピュータに登録された情報を改ざんする行為
    10. コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用又は提供する行為
    11. 登録情報に虚偽の内容を登録する行為
    12. 公序良俗に反する行為若しくはそれを助長する行為
    13. その他、BookLiveが不適切と判断する行為
  2. 利用者は、BookLiveの承諾なしに本サービスの利用者として有する権利を第三者に転売、再販売、譲渡、若しくはこれに類する行為、又は質権の設定その他担保に供する行為等はできません。

第12条(本規約違反等への対処)

  1. BookLiveは、利用者が本規約に違反した若しくはそのおそれがある場合、又は、利用者による本サービスの利用に関し第三者からBookLiveに対しクレーム、請求等がなされ、かつBookLiveが必要と認めた場合、若しくは、その他の理由で本サービスの運営上不適当とBookLiveが判断した場合は、当該利用者に対し、事前に通知することなく、次の各号の措置を講ずることができるものとし、BookLiveから要請された利用者はこれに従うものとします。
    1. 本規約に違反する行為、又はそのおそれのある行為を中止すること、及び同様の行為を繰り返さないよう要請すること(注意喚起、勧告、事後通知等を含む。以下同じ。)
    2. 第三者との間で、クレーム等の解消のための協議を行うよう要請すること
    3. 利用者が本サービスを利用して登録、又は公開する情報等を削除することを要請すること
    4. その他、BookLiveが適切と判断する措置を行うよう利用者に要請すること
    5. 利用者が本サービスを利用して登録、又は公開する情報等の全部若しくは一部を削除し、又は閲覧できない状態にすること
    6. 本サービスの利用停止措置を講じること
    7. 本サービスの利用を禁止すること
    8. 適切な管轄省庁、捜査機関、仲裁機関、又は裁判所へ通報、相談し、若しくは民事上、刑事上の救済措置を講じること
    9. BookLiveに生じた損害の賠償請求をすること
    10. その他、BookLiveが適切と判断する措置を講じること
  2. 前項の規定は、BookLiveに利用者の行為を監視する義務、及び前項の定める措置を講ずべき義務を課すものではありません。BookLiveが前項に定める措置を講じなかったことにより利用者又は第三者が被った損害について、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。3 BookLiveが第1項に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関して、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。

第13条(個人情報)

  1. 本サービスを利用することによりBookLiveが取得した利用者の個人情報は、BookLiveが定める「個人情報の取り扱いについて」に従って次項の通り取り扱うものとします。
  2. BookLiveは、利用者の個人情報を、本サービスの運営(本サービス上で行うキャンペーンおよびお問い合わせ対応を含む。以下に同じ)の目的に利用し、これ以外の目的のために利用しないものとします。但し、次の各号の場合はこの限りではないものとします。
    1. 利用者に対し、本サービス又はBookLiveもしくはアカウントを発行する第三者の広告宣伝のための電子メール等を送付する場合
    2. 利用者から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
    3. アンケートを実施する場合
    4. 利用者の同意を得た場合
  3. BookLiveは、利用者の個人情報を本サービスの運営上必要な限度において、秘密保持契約を締結の上、第三者に提供することがあります。また、キャンペーン時の賞品の配送目的のために、秘密保持契約を締結の上、配送業者に個人情報を提供することがあります。その他、次の各号の場合についても、必要な限度において利用者の個人情報を第三者に提供することがあります。
    1. 公共の利益の保護又は法律により開示を求められ法的に開示を拒めない場合
    2. 利用者から同意を得た場合
  4. BookLiveは、利用者の個人情報の属性の集計、分析を行い、個人が識別、特定できないよう加工し、新規サービスの展開、およびその検討等のために利用し、又は参考にすることがあります。また、BookLiveは、当該資料を同利用のため、第三者に提供することがあります。
  5. 本サービスの利用を通じて個人情報をご提供いただくことは、利用者の任意です。但し、必要とされる利用者の個人情報の一部がご提供いただけない場合には、本サービスにおける一部のサービス等がご利用いただけないことがあります。

第14条(免責等)

  1. BookLiveは、本サービスの内容、利用者が本サービスを通じて得る情報、及び、情報の利用により得た成果等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、合法性、利用者の目的への適合性等いかなる保証も行いません。
  2. 利用者が本サービスに登録した情報及び本サービスを通じてやりとりされる情報等は、不慮のシステムトラブル等により失われることがあります。BookLiveは、情報のバックアップの義務及び失われた情報の修復の義務は負わないものとし、かかる事態で生じた損害について、BookLiveは利用者または第三者に対して一切その責任を負わないものとします。
  3. 本サービスの利用に供する装置、ソフトウェア又は通信網の瑕疵、障害、動作不良、又は不具合により、利用者に損害が生じた場合、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。
  4. 本サービスにおいて、利用者間又は利用者と第三者の間で生じたトラブルに関して、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。この場合、他の本サービスの利用者又は第三者がBookLiveに対して責任を追及したためにBookLiveが防御費用(弁護士報酬及び訴訟費用を含む)、損害賠償金の支払い、和解金の支払いその他の損害を被り又は費用の支出をしたときは、利用者は直ちにBookLiveの損害及び支出した費用を補償するものとします。
  5. BookLiveは、次の各号に掲げる場合には、利用者が登録した情報も含めて、本サービスのサーバ上の全ての情報を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下「閲覧等」とします)ができるものとします。それによって生じたいかなる損害についても、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。なお、本項の規定は、BookLiveに閲覧等を行うべき義務を課すものではありません。
    1. 本規約違反の有無等を確認する必要があるとき
    2. 人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとき
    3. 裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けたとき
    4. 本サービスの技術的不具合を解消するために必要なとき
    5. BookLiveが閲覧等の同意を求めた後、これを拒否する旨の当該利用者の回答がBookLiveに到達しなかったとき
    6. その他本サービスを適切に運営するために必要が生じたとき
  6. 本サービス上にBookLive以外のウェブサイト(アカウントを発行する第三者のサイトも含む)へのリンクが設置されている場合、そのリンク先のサイト等については、BookLiveは一切関与しません。当該サイト上のコンテンツ、広告、商品、役務などについて、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。
  7. BookLive又はアカウントを発行する第三者が、本サービスを用いて特典等を付与するキャンペーンを行う場合には、利用者は自己の責任において当該キャンペーン条件及び免責事項等を承諾の上、当該キャンペーンの申込等を行うものとします。
  8. 本サービスへのアクセス過多、その他予期せぬ要因で本サービスの表示速度の低下や障害等が生じた場合、それによって生じたいかなる損害についても、BookLiveは一切その責任を負わないものとします。
  9. 本サービスの利用に関して利用者に損害が発生した場合、BookLiveの故意又は重過失に起因するものでない限り、BookLiveは損害賠償責任を負わないものとします。

第15条(本規約の有効性)

  1. 本規約の規定の一部が法令・判決・命令等に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
  2. 本規約の規定の一部がある利用者との関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約はその他の利用者との関係では有効とします。

第16条(準拠法、管轄裁判所等)

  1. 本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。
  2. 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、BookLiveは合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
  3. BookLiveと利用者との間におけるすべての紛争については、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2012年4月2日制定